Q1:
高濃度水素水の濃度とは?
A1:
高濃度水素について、国や工業規格で定めた規定はありません。弊社では500ppb以上としています。
Q2:
水素が抜ける速度は?
A2:
容器の材質によって違いがありますが、ペットボトルの場合は2~3時間も経てば水素は無くなると考えて良いでしょう。アルミは水素を通しませんが、それでも半日も経つと水素の量は半分くらいになってしまいます。アルミボトルでも、空気を完全に遮断することはできないので、空気中の酸素に触れると水素の量は徐々に減っていきます。
Q3:
効果的な水素の濃度とは?
A3:
研究者の本などでは400ppb(0.4ppm)以上のもので効果があるとされています。私たちが普段生活している1気圧の世界で水素の飽和状態は約1600ppb(1.6ppm)ですが、容器内を圧縮することによって、飽和以上の水素が入ります。しかしこの場合、容器の口を開けると一気に水素は抜けてしまいます。 数値が大きいからといって劇的な変化があるわけではありません。シルキーピュアまたはシルキーは飲用、料理などに使用する直前に電気分解を行い、含有水素が多い段階で使うのが理想的です。水素水は毎日一定量を欠かさず飲んだ方が良いとされています。
Q4:
水素水の水素濃度はどの位維持されるのですか?
A4:
水の場合1時間で濃度が約半分になります。例)900ppb→約450ppb 熱湯の場合、およそ30分で約半分になります。例)550ppb→274ppb もし、生成してから2時間以上経過した場合は、再度生成し直してからお飲みください。使用する直前に生成することでいつでも高濃度の水素水をお使いいただけます。
↑TOP↑

Copyright Gyms. All Rights Reserved.